本文へスキップ

【参加申込用紙送信先】FAX.082-553-0460

レギュレーションRegulation

IDI WEST CUPのレギュレーションについて

当イベントを走行にあたって必ずお読み下さる様、お願い致します。
【走行規定】
サーキット走行時、全ての参加者は、必ずヘルメットの装着をする事。(フルフェイスを強く推奨)
同乗走行時も同様に、同乗者はヘルメットを装着する事。(半キャップタイプは不可)
服装は、長袖、長ズボンでレーシンググローブを着用する事。(レーシングスーツ着用を強く推奨)
同乗走行時も同様の服装で搭乗する事。
走行中に何らかのトラブルで自走出来無い、もしくはオイル漏れ等を確認した場合は速やかに車輌を安全な場所に止めて下さい。(オフィシャルの指示に必ず従って下さい
ピットレーン内は制限速度60km以内での走行を必ず厳守する事。
【車輌規定】
<義務規定>
運転席に4点式以上のシートベルトを装着する事。(オープンカーとロールケージ未装着車輌は5点式以上のシートベルトを推奨)
同乗走行する車輌は助手席にも3点式以上のシートベルトが装着されている事。(4点式以上を強く推奨)
全ての車輌に牽引可能なスチール製フックの装着を義務付けとする。(純正フック可)
オープンカーでルーフをオープンにして走行する場合は、純正ロールバーもしくは社外品のロールバーかロールケージを装着し、転倒の際、地上に乗員の頭部が接触しない構造になっている事
純正ドアにサイドインパクトバーが無い車輌でドア内側の鉄板を取り外した車輌や、FRP製ドアに交換している車輌に限り、必ず6点以上のロールケージとサイドバーを追加しガゼット等でしっかり装着する事
但し、その際の材質にはスチール製かクロモリ鋼のみ使用可能とします。
安全タンクを装着している車輌で隔壁が無い車輌は、必ず有効期限内の消化装置を車輌に搭載する事。
又、安全タンクにカバーが装着されていない車輌は、レーシングスーツ、グローブ、シューズ、ヘルメット全てをFIA規格の難燃素材の物を着用する事。(安全タンクカバー装着を強く推奨)
左右乗降ドアにアクリルウインドゥを装着している車輌は、必ず開閉が可能である事
純正以外の材質でインパネやダッシュボードをFRP等で自作した内装を装着している場合や、純正内装品を取り外して、取付け金属部分が露出している車輌は、必ずレーシングスーツ着用の事。
エンジンからブロバイガスを取り出している車輌は、オイルキャッチタンクを必ず装着する事
その際、オイルキャッチタンク装着の容量をエンジンオイル容量に対して34Lで1L以上、56Lで2L以上の容量の物を義務付けとします。
全ての車輌は、必ずストップランプ、ウインカーが動作する事。
<推奨規定>
安全面の為、安全衝突ボディでない車輌や純正サイドインパクトバーの無い車輌には6点以上のスチール製ロールケージの装着を強く推奨。
安全面の為、軽自動車で走行する場合は6点以上のロールケージを推奨。
 特に旧規格車(today,BEAT,Cappuccino,ALTOworks,AZ1)で走行する際は強く推奨する。
ナンバー付車輌で自走にてサーキットに来られる方は、一般公道が走行可能である合法車輌でお願いします

岡山国際サーキットの施設利用について

岡山国際サーキットのパンフレットから抜粋しています。
下記画像をクリックいただきますと拡大して読む事が出来ます。
サーキットへのご来場者も参加者も含めて、是非一度ご一読いただき気持ちよく施設の利用をいただければと思います。(特に黄色のマーカー部分は気を付けていただけるようお願い致します)
◎サーキット走行は自己責任の上で成り立ちます。
事故が起きた時は他人のせいにせず自己責任で対処しましょう。
◎サーキット走行では必ずルールを確認し走行に臨んでください。
◎ご来場道中も、他のドライバーの模範となるよう安全運転でお越しください。


shop info.店舗情報

参加申込状況
参加申込入力タイムスケジュール
結果表
イベント講師
イベントレースクイーン
受付店ログイン

お問い合わせ

アメーバブログ

IDI WEB SITE

SHINGO WADA WEB SITE

Rakuten写真館のIDI WEST CUPコミュニティへ